2019年 10月 19日 (土)

三宅議員が性の質問に激怒 「いたずらなら無視すべき」の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ツイッターで民主党の三宅雪子衆院議員(45)が、障害者の性についてのいたずらとみられる質問に激怒している。それなら無視すべきではとのフォロワーらの指摘にも、三宅議員は、「抗議したかった」というのだ。

   ツイッターで2010年6月13日、三宅雪子議員に投げかけられた質問は、次のようなものだった。

「障害をもった方への侮辱」

いたずら(?)に激怒
いたずら(?)に激怒
「三宅議員は障がい者の性について、どう考えますか。僕は右手の障害で性的欲求を解消することが難しいのです。タブーとされがちな話題ですが、風俗に行く補助金出したり、手コキも介助に入れて欲しい」

   嘆願や陳情のようだが、質問者は、一風変わっていた。ハンドルネームが「おな兄」で、タレントの加護亜依さん(22)に卑わいな質問をしている。また、書き込みも、2ちゃんねるブラウザなどからとなっていた。

   これに対し、三宅議員は同日、この質問者に怒りを露わにした。

「ハンドルネームといい、あきらかに障がい者をかたった悪質なツイート。許せません。皆さん、この方のプロフィール見てください」

   ところが、ツイッターの反応は、この発言に疑問を呈する向きが多かったようだ。三宅議員によると、いたずらの質問には反応しないことが大事などと指摘された。しかし、三宅議員は、うなづきながらも、「障がい者の方に関することだけは抗議したかった」と明かす。厚生労働委員会に所属し、障害者問題などで発言しているかららしい。

   さらに、フォロワーらから同様な指摘が相次いだが、三宅議員は、質問者の行為は「障害をもった方への侮辱」だとして、質問を無視しなかったことの意義を強調している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中