2020年 7月 3日 (金)

国内大手相次ぎ3Dパソコン iPadへの対抗策か

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

台湾のアスースは「目標の3倍以上の出荷量」

   すでに4月、台湾のアスースが3D対応のノートパソコンを日本国内で発売しており、「目標の3倍以上の出荷量」と、出足は好調のようだ。国内メーカー大手が発売を急いだのも、アスースに「先行者」としてこれ以上市場を奪われるリスクを回避する狙いもある。

   ただ、国内メーカーにとっての主要な脅威はアイパッドだ。デジタル家電の調査会社、BCNによると、国内ノートパソコン市場のアップル製品のシェアは4月3.5%だったが、5月はアイパッド発売(28日)が寄与して11.5%に上昇し、ソニーを抜いて4位に浮上した。

   薄型テレビの中で3D対応機種は、金額ベースで3%程度のシェアを占めており、消費者に受け入れられつつある。アイパッドを超える付加価値を持たせることが課題のパソコンにとっても、3D対応は比較的手っ取り早い対抗手段だ。どこまで消費者の心をつかむか、まずは夏のボーナス商戦が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中