2018年 7月 18日 (水)

マックが「チキン」新メニュー発表 「クォーターパウンダー」超え狙う

印刷

   日本マクドナルドは2010年6月20日、10年下期向けの新商品を発表した。今回のテーマは「チキン」で、原田泳幸社長は「原動力は客単価よりも客数の向上。チキンでさらに新規顧客を獲得したい」と意気込みを語り、合わせて全国のマクドナルド店舗にて、1000万人を対象にチキンのおいしさを実感してもらうための無料試食キャンペーンについても発表した。

   同社は、08年の「クォーターパウンダー」、09年の「マックカフェ」10年の「ビッグアメリカ」シリーズなど、新メニューの投入を通じて新たな顧客層を開拓する戦略を続けており、今回の新製品もその一環といえる。

60以上の候補から絞り込む

CMキャラクターには笑福亭鶴瓶さん(中央)が起用された
CMキャラクターには笑福亭鶴瓶さん(中央)が起用された

   10年夏から新たににお目見えするのは、ももの1枚肉を挟んだ「チキンバーガー ソルト&レモン」、むね肉とタマネギ、ピクルスなどを組み合わせた「チキンバーガー オーロラ」、若鶏のもも肉を使ったサイドメニュー「ジューシーチキンセレクト」の3種類。09年5月から開発を始め、開発過程で60種類以上の商品候補から絞り込んだ。

   この日東京・表参道で開かれた記者発表会で、原田社長は

「メニューの充実が客数を伸ばしてきた。チキン市場3950億円のうち、マクドナルドは640億円。すでに16.3%のトップシェアを持っているが、まだマクドナルド=チキンという認知がされていない層がある」

と、チキン市場拡大への意欲を見せた。4月23日から福岡県内の約100店舗で行われているテスト販売の結果では、08年にヒットした「クォーターパウンダー」のテスト販売時よりも好調な売れ行きを見せているといい、 原田社長は

「(福岡以外での売り上げも)クォーターパウンダーを超えるだろうと予想している。クォーターパウンダーの場合、発売当初にポーンと売り上げがあがり、徐々に落ち着いていったが、落ち込みの幅が(クォーターパウンダーと比べて)ゆるやかになるのではないか」

と自信を見せつつ、「他のメニューよりは粗利は高い」と、利益率向上に向けた期待ものぞかせた。

1000万人にチキン商品を無料配布

「チキンバーガー ソルト&レモン」は、7月2日から通常メニューにお目見えする
「チキンバーガー ソルト&レモン」は、7月2日から通常メニューにお目見えする

   顧客に対する認知度向上を目指して、「チキン宣言!!1000万人おいしさ実感キャンペーン!」と題したキャンペーンも行う。キャンペーンでは、6月21日から新商品「チキンバーガー ソルト&レモン」のチキンパティまたは「ジューシーチキンセレクト」のスティックチキンのひと口サイズを時間限定で無料配布。6月4日から「シャカシャカチキン」の配布をしていた分も含めて、来店者計1000万人にひと口サイズのチキン商品を無料で提供することとなる。

   正午過ぎからは、東京・渋谷の店舗で先行試食販売が行われ、CMキャラクターの笑福亭鶴瓶さんは、

「食べた?うまいやろ?」

などと新製品を報道陣に振る舞い、食べた感想を

「焼き鳥屋に行った時、『鳥はうまいな!』って感じることがあるじゃないですか。あの感じが、そのまま衣に包まれている」

などとアピール。来店者に新メニューを手渡していた。

    「チキンバーガー ソルト&レモン」と「ジューシーチキンセレクト」は7月2日から通常メニューに登場し、「チキンバーガー オーロラ」は、7月16日から8月下旬の期間限定発売。全国の主要229店舗では、6月25日から先行販売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中