2019年 10月 18日 (金)

三宅議員、Tシャツ会社に販売停止求める 「当たり屋」表現は「事実無根」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「当たり屋MIYAKE」とプリントされたTシャツを販売している「ClubT」に、民主党の三宅雪子衆院議員から販売停止を求める内容証明が送られていたことがわかった。Tシャツが、国会で転倒した三宅議員について、自分から転倒したと表現しているとし、「事実無根の中傷」にあたるとしているという。

   三宅議員は2010年5月12日の内閣委員会での採決中に転倒し負傷。三宅議員は「背後から不意に押されて前のめりに倒れた」と主張し、民主党は「加害者」として自民党の甘利明衆院議員への懲罰動議を提出した。

「某三宅さんから、、、僕も三宅なのですが」

   一方甘利議員は「突然、私の視野の外から三宅議員がダイビングをするかのように前に倒れこんできた」と説明。ネットでも検証動画がアップされるなど注目を集め、「自分から倒れてるじゃん!」といった三宅議員に批判的な書き込みが寄せられていた。

   こうした状況下で、オリジナルTシャツの販売を行っている「ClubT」が5月中旬、三宅議員をネタにしたTシャツを発売した。2ちゃんねるに書き込まれた三宅議員をモチーフにしたAA(アスキーアート)「Lzo」や、「当たり屋MIYAKE」という文字がプリントされたTシャツで、「なんでもかんでもTシャツになってるww」などと話題を呼んだ。

   しかし6月21日、同社の三宅朝広代表がツイッターに

「某三宅○子さんから 『当たり屋MIYAKE』Tシャツの販売停止の内容証明がとどいた。当たり屋MIAYKEだけで当人を特定するものらしい。僕も三宅なのですが」

と投稿。販売停止を求める内容証明が届いたことを明らかにしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中