首都大学がホームページでお詫び文 「ドブスを守る会」動画投稿で

印刷

   首都大学東京の学生らによる「ドブスを守る会」動画問題で、同大は2010年6月23日までに、ホームページ上にお詫び文を掲載した。

   お詫びでは、システムデザイン学部の男子学生が街頭で撮影した女性の映像を無断でユーチューブに投稿したことを認めた。そのうえで、学生の処分を検討しているとした。また、動画に名前が載った他大学の学生は、学生が無断掲載したもので、動画制作には一切関係がないことも明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中