「はやぶさ」カプセル開封開始 ガス成分回収

印刷

   宇宙研究開発機構(JAXA)は2010年6月24日、地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルの開封作業を始め、中から微量のガス成分を回収したと発表した。これに小惑星イトカワのガスが含まれているかどうか、今後分析を進める。

   はやぶさのカプセルは18日のX線検査で、1ミリ以上の物質は入っていないことが確認されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中