宮崎の口蹄疫 7月16日にも「制限解除」見通し

印刷

   宮崎県の口蹄疫問題について、政府現地対策本部長の篠原孝農林水産副大臣は、新たな感染がなければ、県内全域の家畜の移動・搬出制限が、早ければ7月16日にも解除される見通しを示した。2010年6月26日、県庁で記者団に話した。同県では6月19日以降、新たな感染は確認されていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中