「G8サミットに中国を呼んでは?」 菅首相が各国に提案

印刷

   2010年6月25日夜に開かれた主要国首脳会議(G8サミット)の夕食会で、菅直人首相は、「中国をG8サミットに呼ぶことを考えてもいい」と提案した。

   菅首相は、中国に一層責任感を感じてもらうため、とした。そして、「先進国間の意思疎通の場として維持すべきだ」と述べた。

   これに対し、参加各国は、「価値観を同じくする国が率直に意見交換を行い、方向性を定める意味で引き続き有用だ」との立場を表明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中