2018年 7月 18日 (水)

大嶽親方らの「処分」受け入れ 賭博問題で相撲協会

印刷

   大相撲の野球賭博問題で、日本相撲協会は2010年6月28日、臨時理事会を開き、名古屋場所(7月11日初日)を開催することを決めた。外部有識者でつくる特別調査委員会が名古屋場所開催の条件として提示した勧告を原則的に受け入れる。勧告は、大嶽親方の「解雇以上」や大関・琴光喜ら2人の「謹慎の上で懲戒」などを求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中