2018年 7月 18日 (水)

農相と官房長官 民間種牛6頭の殺処分を要求

印刷

   口蹄疫ワクチン接種対象となっている宮崎県高鍋町の農家1戸が種牛6頭の殺処分を拒否している問題で、2010年7月13日、殺処分を求める山田正彦農水相と救済を求める東国原英夫知事が会談した。議論は平行線に終わり、山田農相は、県がこのまま殺処分に応じない場合、国が代執行を行う考えを明らかにした。仙谷由人官房長官も7月14日の記者会見で、殺処分を求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中