2019年 8月 20日 (火)

梅雨時は虹に出会うチャンス メールで「予報配信」が人気

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   梅雨の楽しみと言えば、雨上がりに虹に遭遇するチャンスが多いこと。一方で、突如現れて、すぐ消えてしまい、タイミングを逃す人も多い。そこで「虹が見られそう」とメールで知らせるサービスが話題になっている。

   気象情報サービス最大手ウェザーニューズ(千葉市)の天気予報サイト「ウェザーニュース」(月額315円)が提供するサービス「虹アラームメール」で、あらかじめ自宅や学校、会社などの場所を登録しておくと、虹が出そうなタイミングでメールが届く。何か所でも登録でき、虹を見たい人はたくさんの場所を登録しておくと遭遇率が高くなる。

梅雨のちょっとした楽しみ

雨が上がり、日が差したら空を見上げてみよう
雨が上がり、日が差したら空を見上げてみよう

   ウェザーニューズは生活に密着した天気予報サービスが人気を呼び、2010年7月現在の会員数は約160万人にのぼる。熱中症になりやすい時、布団干し日より、電車が止まりそうな時、自転車通勤が可能な時などをメールで知らせるサービスもあり、約16万種類にもなる。ちなみに、虹アラームメールは人気ランキングで第2位だ。

   ところで、虹が出るタイミングをどうやって予測するのか。

   ウェザーニューズの広報担当者は、

「空気中にある水蒸気に太陽光が反射すると虹が現れます。雨が上がり、日が差した時が虹の出る可能性がもっとも高く、そうした条件が揃った時にメールでお知らせします」

と説明。

   天気予報のように1、2時間前に虹を予測することはできないが、受信メールを携帯メールにしておけば、リアルタイムに知らせが来るので、屋内にいても虹を見る機会が増えるという。

「梅雨の時期は虹が出る確率が高いということがあり、梅雨のちょっとした楽しみとして、もっと虹を見て欲しいと思います」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中