最低賃金 12の都道府県で生活保護を下回る

印刷

   最低賃金が生活保護を下回っている都道府県が12に上っていることが、厚生労働省の調べでわかった。2010年7月14日に開催した中央最低賃金審議会(第2回)目安制度に関する小委員会で示した。

   2009年秋の賃金改定後と比べて、新たに生活保護より最低賃金が低くなったのは千葉県と秋田県の2県だった。ほかには、北海道、青森、宮城、東京、神奈川、埼玉、京都、大阪、兵庫、広島がある。生活保護が最低賃金を上回った額が最も大きかったのは神奈川県の47円。次いで東京都の40円、北海道が39円だった。

   たとえば、神奈川県の生活保護は月額12万4431円(08年)、最低賃金は11万4093円(同年、手取りベース)だが、これを時給換算(法定労働時間)して計算し直した。

   最低賃金が生活保護を下回ると、失業者の勤労意欲が減る恐れがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中