野球賭博事件で古市容疑者を起訴 東京地検

印刷

   元大関琴光喜関(34)=解雇=が野球賭博をめぐって口止め料を脅し取られたとされる事件で、東京地検は元力士の古市満朝容疑者(38)を恐喝罪で東京地裁に起訴した。

   発表によると、古市容疑者は09年1月25日ごろ、賭博を仲介していた床山(29)に電話をかけて、元琴光喜が賭博に関与していることをマスコミや警察に知らせるなどと脅迫。1月25日ごろ、床山経由で元琴光喜から現金350万を脅し取ったとされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中