2019年 2月 20日 (水)

宮崎の口蹄疫ようやく終息へ 旅館、外食など観光に深刻な打撃

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題は終息に向け、ようやく光が差してきた。ただ、畜産業だけでなく、観光業など地域経済全体に深刻なダメージが広がっており、復興までの道のりは簡単ではない。

   口蹄疫は2010年4月以降、同県で爆発的に広がった。県の畜産業壊滅の恐れだけでなく、全国にも感染拡大しかねないとして、県は5月18日、非常事態を宣言。畜産農家には外出の自粛を求め、一般県民にも車の消毒や各種イベントの延期などを要請した。

JRの宮崎地区近距離運輸収入は、前年比11.3%減

   それから約1カ月半の7月1日、県は、感染が終息に向かっていると判断、非常事態宣言の一部を解除した。会合などの延期は移動制限区域を除き認められた。

   ようやく先行きが見えつつあるとはいえ、県が受けた被害は甚大だ。県内で殺処分の対象になった牛や豚は計約27万頭とばく大な数に上る。畜産は県の基幹産業であり、県経済全体に与える打撃は必至。「畜産農家の被害額は数百億円に上る」との指摘もある。宮崎は各地のブランド牛産地に子牛を供給しており、今回、多くの種牛も殺処分されたため、「畜産市場全体への影響は計り知れない」との懸念もある。

   影響は畜産関連にとどまらない。JR九州が6月22日時点でまとめた6月の宮崎地区の近距離運輸収入は、前年同期比11.3%減の大幅減。九州全体では横ばいにとどまっており、宮崎の厳しさが浮かび上がる。同社は「宮崎へ向かう旅行のキャンセルが相次ぎ、口蹄疫の影響は畜産とは別の業界に波及してきた」とする。

   県民が外出を控え、観光客も激減する中、観光業や外食業は深刻な収入減に直面する。宮崎市内のある料理店の5月の売上高は前年同期比3割以上も減少。店主は「廃業も考えなければならない」と肩を落とす。「予約が8割も減った」「6月には宴会が1件も入らない」などの声は多く、旅館業の中には「5月の売上高が前年同期の6割にしか届かない」との悲鳴も上がる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中