シャープ「電子書籍事業」参入

印刷

   シャープは2010年7月20日、都内で開かれた会見で、年内に電子書籍事業に参入することを明らかにした。新たに開発した「次世代XMDF」という電子書籍フォーマットを使って、タブレット型の情報端末を開発、配信サービスも手がける。

   発表資料によると、次世代XMDFは、動画や音声を含むコンテンツを閲覧したり、文字サイズに合わせて自動で段組を変えられたりする特色を持つ。シャープ広報によると、日本語の縦書きや、ルビにも対応するという。出版社や新聞社、印刷会社など国内外に広く協力を呼びかける。

   会見では、タブレット型端末の試作機も披露した。液晶サイズが5.5型と10.8型の2種類で、機能面などの詳細は時期を改めて明らかにされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中