2019年 11月 13日 (水)

ジブリ「アリエッティ効果」 青森「盛美園」に観光客詰めかける

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スタジオジブリの最新アニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の舞台になった青森県平川市の国指定名勝「盛美園」が「映画効果」に沸いている。大阪や熊本など全国から観光客が続々と訪れ、1日に100人を超えるからだ。

   2010年7月17日に公開されたスタジオジブリのアニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の観客動員数が同月17~19日の3連休で100万人を超え、興行収入は約13億5000万円と好スタートを切った。7月20日に発表された同月17、18日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)でも初登場1位にランクインした。

3連休に1日150~190人訪れた

「借りぐらしのアリエッティ」に登場する和洋折衷の屋敷のモデルになった「盛美館」(南田温泉ホテルアップルランド提供)
「借りぐらしのアリエッティ」に登場する和洋折衷の屋敷のモデルになった「盛美館」(南田温泉ホテルアップルランド提供)

   「借りぐらしのアリエッティ」は、イギリスの女流作家メアリー・ノートンさんが書いた「床下の小人たち」が原作で、古い屋敷の床下で暮らしている小人の少女、アリエッティが人間の少年に姿を見られてしまうというストーリーだ。

   映画でアリエッティが住んでいる和洋折衷の屋敷や庭園は、国指定名勝「盛美園」(青森県平川市)をモデルに描かれた。清藤盛美氏が9年の歳月を費やして造営し、明治44年に完成した。庭園は3600坪で、その一角に鹿鳴館時代を彷彿させる和洋折衷様式の「盛美館」がある。「盛美園」のスタッフによると、08年にスタジオジブリの社員が旅行に訪れ、その後、映画の舞台にしたいと話があった。

   映画公開後、「アリエッティ」ファンが続々と訪れている。「盛美園」のスタッフは、

「1日あたり100人近く来ています。3連休には1日150~190人で、これまでにないくらい多かったです」

とうれしい悲鳴を上げる。

   中高年に人気の観光名所だったが、映画公開後は学生や若い観光客が増え、大阪や熊本など遠方から来る人もいる。スタッフは、「夏休みにたくさんの方に来園していただきたい」と期待する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中