白物家電6月国内出荷6.2%増 暑さ続きエアコン好調

印刷

   日本電機工業会が2010年7月26日発表した6月の白物家電の国内出荷金額は、前年同月比6.2%増の2388億円と2か月ぶりのプラスとなった。

   平均気温が高い日が続いたことから、ルームエアコンが7.5%増の1052億円で3か月ぶりのプラス、電気冷蔵庫も2.6%増の419億円で2か月ぶりのプラスとなった。そのほかも好調な製品が多く、電機洗濯機が2.9%増、電気掃除機が7.2%増、ジャー炊飯器が23.1%増だった。

   また、4~6月四半期計の国内出荷金額は前年同期比2.8%増の5469億円となり、リーマン・ショック前の08年同期の水準となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中