ダイエット?「リバウンド説」一蹴 沢尻エリカ「セミヌード」披露

印刷

   2年半の活動休止を経て「たかの友梨ビューティークリニック」のCMで芸能界復帰を果たした沢尻エリカさん(24)に、「リバウンド説」まで飛び出し、復帰以来の4か月あまり話題に事欠かない。そんな中、沢尻さんが、ファッション誌でセミヌードを披露した。インタビューの中で、離婚協議中の夫の高城剛さん(45)との生活を「もう無理」と表現するなど、「本音」が明らかになりつつある。

   沢尻さんは、2010年3月16日に「たかの友梨ビューティークリニック」のCM記者発表会で2年半ぶりに活動再開。終始「反省の弁」を述べたものの、ウェブサイトにアクセスするために誓約書の提出が必要なことについては「撤回するつもりはない」と断言。「エリカ様」の健在ぶりを印象づけた。

外国人モデルとのベッドシーンを思わせる「絡み」も

今回のセミヌードは「露出」と「絡み」がテーマ:撮影/TAKAKI_KUMADA、ヘア/Dai ichishita、メイク/MICHIRU for yin and yang(3rd)、ファッションディレクター/田中杏子(Numero TOKYO)
今回のセミヌードは「露出」と「絡み」がテーマ:撮影/TAKAKI_KUMADA、ヘア/Dai ichishita、メイク/MICHIRU for yin and yang(3rd)、ファッションディレクター/田中杏子(Numero TOKYO)

   4月27日には、公式ウェブサイト上で高城氏と離婚協議に入ったことを発表。5月22日に行われた「ガールズアワード2010」では、ホットパンツから、たるんだように見えるお尻をのぞかせたことで「リバウンド説」が浮上するなどしたが、いずれについても、本人の「本音」が明らかになることはなかった。

   一方、10年7月2日には、写真集「100+1 ERIKAS」(朝日出版社)を発売するなど、メディアへの露出を増やしてもいる。そんな中、沢尻さんの2ページにおよぶロングインタビューがファッション誌に掲載され、結婚生活の様子を明らかにしている。

   インタビューが掲載されたのは、7月28日発売のファッション誌「Numero TOKYO」(ヌメロ・トウキョウ)10年9月号(扶桑社)。「露出」と「絡み」をテーマに、セミヌードを中心とした沢尻さんの特集が20ページにわたって展開されている。中には、外国人男性モデルとのベッドシーンを思わせる「絡み」のシーンもある。

   また、写真で見る限りでは5月に確認されたような「たるみ」は見受けられない。編集部によると、写真が撮影されたのは6月上旬なので、1か月近く、かなりダイエットに励んだ可能性もある。

   インタビューは、6月下旬~7月上旬に行われたという。その中では、高城氏の名前こそ登場しないものの、結婚してから離婚を決意するまでの経緯が、比較的詳細に語られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中