防衛白書延期を菅首相判断 日韓併合100年を配慮か

印刷

   2010年版防衛白書について、菅直人首相は7月28日、公表時期を30日の予定から9月以降に先送りすることを明らかにした。その理由について、記者団に対し、韓国の哨戒艦沈没事件を盛り込むべきだと判断したからだと述べた。

   ただ、竹島を「わが国固有の領土」とする記述に韓国が抗議しており、日韓併合から100年であることを特別に配慮したとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中