富士通と東芝の携帯電話事業統合

印刷

   富士通と東芝は2010年7月29日、両社の携帯電話事業を統合する最終契約を締結した。事業統合は、6月17日に基本合意に達していた。

   発表資料によると、東芝の携帯電話事業を切り離して新会社を設立し、富士通の傘下に置く。設立は10月1日の予定で、新会社への出資比率は富士通80.1%、東芝19.9%となる。東芝から約400人の社員が富士通グループに移り、このうち新会社へは約270人が配属される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中