つけ麺「六厘舎」本店 近隣住民の苦情で閉店へ

印刷

   つけ麺ブームをけん引してきた人気店「六厘舎」の本店(東京都品川区)が2010年8月29日、閉店する。

   同店は05年4月18日創業。極太麺とそれによく絡む濃厚なスープが特徴で、連日1時間以上待ちの行列ができる人気店。その行列が近隣住民に迷惑をかけてきたことが閉店の理由だ。同店ホームページによれば、行列の配置や営業時間変更など試行してきたが、これ以上営業を続けることが難しくなったという。

   移転先など今後の詳細は未定だが、「必ずやどこかの場所にて復活しますので、どうかご了承下さい」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中