北朝鮮ツイッターに進出 ネット「プロパガンダ」加速か

印刷

   「情報鎖国」として知られる北朝鮮が、ネット上で新たな情報戦に乗り出した模様だ。情報サイト「わが民族同士」を使い情報発信しているのは比較的知られているが、同サイトを名乗るユーチューブやツイッターのアカウントが、相次いで登場している。だが、フォロワー(読者)の数や動画の再生数は伸び悩んでいる様子で、必ずしも北朝鮮の思惑通りにはいかないようだ。

   2003年に北朝鮮当局が開設した情報サイト「わが民族同士」は、北朝鮮側の政治的主張や、北朝鮮関係の写真を掲載していることで知られている。

これまでに書き込まれた回数は9回

「わが民族同士」を名乗るツイッターのアカウント
「わが民族同士」を名乗るツイッターのアカウント

   内容は、米国・韓国・日本を非難したり、故・金日成主席や金正日総書記をたたえたりするものが中心。朝鮮中央通信や労働新聞の記事も多く転載されている。

   2010年7月中旬には、ユーチューブ上に同サイトを名乗るコーナー(http://www.youtube.com/user/uriminzokkiri)が登場。攻撃的な口調で韓国哨戒艦沈没事件への関与を否定するものや、スローテンポな音楽に乗せて平壌市の町並みを紹介するものなど、70本近いプロパガンダ動画が掲載されている。朝鮮中央テレビから抜き出したとみられる動画も多い。だが、動画の再生回数は、コーナー全体で約6万回。必ずしも多くはない。

   そんな中、8月12日朝、「わが民族同士」を名乗るアカウント(https://twitter.com/uriminzok)がツイッター上に登場した。最初の書き込みには「ウェブサイト『わが民族同士』ツイッターアカウントです」とあり、プロフィールからは「わが民族同士」へのリンクが張られ、「現在地」の欄には平壌とある。これまでに書き込まれた回数は9回だが、そのほとんどが、「わが民族同士」に掲載された記事の見出しとURLを羅列しただけのものだ。

北朝鮮は外国サイトを攻撃する専門部署を運営?

   見出しも、ただ単に「10.4宣言」「6.15共同宣言」と書いてあるだけの味気ないものが多い。なお、両宣言は、00年と07年に南北両首脳が会談した時の共同声明の別名だ。これが影響しているのか、フォロワー(読者)数は、8月16日17時現在で約1000と、低調だ。

   これらのサイト、「わが民族同士」を名乗ってはいるものの、実際に北朝鮮当局が運営しているかどうかは定かではない。だが、8月15日時点で、ソウル発の

「北朝鮮、ツイッターでプロパガンダ攻勢」(AFP通信)
「北朝鮮、ツイッター熱に乗ってプロパガンダ攻勢強める」(聯合ニュース)

といった記事が続々と配信されており、なかば既成事実化している。両記事では

「北朝鮮は、米国や韓国などの外国ウェブサイトを攻撃するための専門部署を運営していると信じられている」

などと指摘しており、ソウルでは、このような背景が、ツイッターやユーチューブへの北朝鮮の関与を裏付けていると受け止められているようだ。ただし、今回開設が明らかになったツイッターのアカウントはすべて韓国語で書かれている上、仮に想定読者層が韓国人だったとしても、リンク先の「わが民族同士」は、韓国からはアクセスすることはできない。この点では、どの程度プロパガンダが成功するかは未知数だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中