2020年 7月 9日 (木)

ホンダ「プラグインHV」で巻き返すか エコカー戦争いよいよ本格化

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

勝負はリチウムイオン電池の容量と価格次第

   一方、電気だけで走り、「究極のエコカー」といわれるEV車に搭載している蓄電池は、もともと大きな容量をもっているものの、1回の充電で走る距離が短い。それは、電池の大きいEV車は、当然その分だけ車体が重くなるので、かえって燃費効率が悪くなるからだ。

   どうやら燃費の良し悪しは、いまのところ蓄電池の容量次第らしい。

   肝心の蓄電池だが、ホンダが現在「インサイト」に使用している電池はニッケル水素電池で、PHV車に搭載するリチウムイオン電池ではない。「インサイト」はHV車としては200万円を切る低価格で販売台数を伸ばしたが、それは価格の安いニッケル水素電池を使ったため。大きめのリチウムイオン電池を使用したPHV車の価格がどうなるのか、気になるところではある。

   ホンダのPHV車は2012年にはお目見えする予定だが、この年にはトヨタも3代目プリウスをベースとするPHV車を量産する計画がある。

   「PHV」の看板を奪取したいホンダの巻き返しはあるのか。ホンダの伊東孝紳社長は、「生き残るためには、これからの10年が勝負になる。ユーザーの視点で、より良いものを早く、安く、低炭素でお届けすることに全力で取り組む」と決意を語る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中