参院歳費、対象の59議員全員が「自主返納します」

印刷

   国会議員の歳費の自主返納を認める法律改正が実現したことを受け、今回の参議院選挙で当選した議員のうちの該当者全員が自主返納することを申し出たことが、2010年8月18日わかった。改選議席数は121。返納の対象となったのは、新人議員と元議員の計59人。約4700万円が国庫に返納されることになる。

   これまでは、月の途中で国会議員になっても歳費はひと月分を全額支給されていた。自主返納を申し出た議員の任期は7月26日からなので、7月分の歳費のうち、7月1日から25日までの分を返納する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中