「アダルトサイト」表示で架空請求 東京都が注意情報

印刷

   東京都生活文化局は2010年8月19日、悪質な架空請求について注意を呼びかけた。

   発表資料によると、無料サイトにアクセスしている最中に突然、アダルト画面が表示されて、強引に高額の利用料金を支払わされるというもの。ユーザーのパソコンにウイルスを忍び込ませて、アダルトサイトの利用料金の請求画面を消去できないようにするという手口もあるという。都の消費生活総合センターには、10年7月にアダルトサイト関連の相談が158件寄せられ、1月からの7か月間で最も多くなった。

   都では、たとえ無料と表示されているサイトでも、信頼できないサイトには安易にアクセスしないよう促している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中