2018年 7月 20日 (金)

金正日総書記また訪中か

印刷

   北朝鮮の金正日総書記が2010年8月26日、中国を訪問中であると韓国・聯合ニュースが伝えた。同総書記は、潜水艦沈没事件で南北関係が緊張していた5月に訪中して胡錦濤・国家主席と会談しており、わずか3カ月の再訪中にさまざまな憶測が飛び交っている。

   韓国政府高官は、「金総書記が26日早朝に訪中した形跡がある。訪問先や目的は確認中」と話した。総書記の後継者とされる三男ジョンウン氏が同行しているかどうかもわかっていない。一方、平壌には、米国のカーター元大統領が滞在中。北朝鮮に拘束されている米国人男性の釈放交渉のためだが、金総書記との会談が実現したかどうかは不明。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中