2019年 7月 20日 (土)

ドンキ「ロリータ服」にパクリ疑惑 謝罪して販売は中止

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   量販店ドン・キホーテが販売していたコスチューム衣装が、他社製品に類似していたとして販売中止となった。ネット上では発売直後から指摘されていたもので、同社は2010年8月25日に謝罪文を掲載した。

   同社は15日にオリジナルのコスプレ衣装シリーズ「COSU MODE POWER」という商品を発売した。

「誤解招きかねないデザイン」と謝罪

パクリ疑惑で販売中止となったドン・キホーテのロリータ服
パクリ疑惑で販売中止となったドン・キホーテのロリータ服

   この日、テリー伊藤さんがプロデュースを担当したイベント、「Best of COSU MODE POWER 2010」が都内で開催された。テリーさんのほか、アイドルグループAKB48のメンバーやタレントの熊田曜子さん、はるな愛さんら芸能人が多数出演、新聞などでも取り上げられ、話題となった。

   しかし、発売数日後の8月18日ごろ、「COSU MODE」シリーズのうち、フリルや大きいリボンのついた「ロリータ服」の少なくとも3点が「パクリではないか」という指摘がネット上に出た。検証ブログも登場し、画像比較が行われているが、確かにいずれの商品も全体のラインや柄が他社の製品に酷似している。

   こうした指摘を受けてドン・キホーテは「『COSU MODE POWER』商品に関するお知らせ」という文章を公式HPに掲載した。

   この商品シリーズの一部に「他社製品と類似という誤解を招きかねない、意匠・デザイン」があったとし、「お客さまにこのようなご懸念を抱かせてしまいましたことを、深くお詫びいたします」と謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中