AP通信とグーグル「コンテンツ使用」契約

印刷

   米グーグルとAP通信は米国時間2010年8月30日、グーグルのニュースサービスでAPの記事を配信する契約を結んだと明らかにした。

   APの発表資料には、「APのコンテンツについて、グーグルへのライセンシング継続の新たな合意に達した」と説明があるが、具体的な契約内容には触れていない。その一方で、APは今回の契約に関する記事を掲載した。それによると契約は複数年で、コンテンツに対する使用料の支払いと、インターネット上のニュースコンテンツで収益を上げるためお互いが協力すること、の二つが柱になっているという。

   今回の合意は、広告の不振でテレビや新聞からの収入が減少したAPが、ネットからの収益向上を目指したものとみられる。2010年初めには米ヤフーとコンテンツのライセンス契約を更新し、米マイクロソフトとも同様の契約締結を目指している模様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中