福岡市長選、地元民放アナが出馬表明

印刷

   任期満了にともなう福岡市長選(2010年11月14日投開票)で、地元民放・九州朝日放送(KBC)アナウンサーの高島宗一郎氏(35)が立候補を表明した。高島市は同日午前、KBCを退社。午後には自民党市議団を訪問し、記者団に対して「政治の世界で、福岡を元気に、夢を与えられるように頑張りたい」などと述べた。高島氏は、出馬表明直前まで朝の情報番組「アサデス。」のメインキャスターを務めていた。

   市長選には高島氏以外に、現職の吉田宏氏(53)、元市教育長の植木とみ子氏(61)、元佐賀市長の木下敏之氏(50)、共産党が推薦する団体職員の有馬精一氏(59)、前福岡市議の荒木龍昇氏(58)が立候補を表明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中