ネットでは小沢氏支持率80%  若者は「強い指導者」求めるのか

印刷

   民主党代表選に関する世論調査で、新聞・テレビでは菅直人首相が優勢なのに対し、インターネットでは小沢一郎氏が圧倒的と逆転現象が起こっている。結果を出せない菅首相よりも、小沢氏の「強い指導力」が支持されていると見る向きもあるが、小沢氏のネット人気はなぜなのか。

   2010年9月14日に投開票が行われる民主党代表選について、メディア各社が世論調査を実施している。

大手メディアでは菅首相圧勝

   読売新聞が5日に発表した調査では、次の代表に小沢氏がふさわしいいと思う人が18%だったのに対し、菅首相は66%。6日に発表されたテレビ朝日の調査でも、小沢氏が17%に対し菅首相は60%と、菅首相が優勢となっている。

   しかし、ネット上では事情が変わってくる。ヤフーの「みんなの政治」が9月1日から始めたまったアンケートで、12日現在小沢氏支持が63% で、菅首相の25%を圧倒。小沢氏は4日にニコニコ生放送に生出演し、番組最後に行われた調査では小沢氏が約78.5%、菅氏が約21.5%だった。スポニチが8月26~27日にかけネット上で行った世論調査でも、約80%が小沢氏を支持している。

   同紙の「菅首相より小沢新首相 サイト調査で圧倒8割」(8月28日付け)という記事の中で、政治評論家の浅川博忠さんは「消費税発言など菅氏の軽さぶりに有権者が見切りをつけた。その分安定感と強い指導力がある小沢氏への期待感につながったのでは」と分析している。

   一方、ネットでの小沢氏支持が広がっていることに関して、経済学者の池田信夫さんがJB PRESSに「ネットで盛り上がる『小沢ブーム』は危険な兆候か 大手メディアとネットで分かれる小沢支持率」(9月8日付け)という記事を寄稿している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中