「空気が読めるコンピューター」 電通など日米で共同研究

印刷
「ナージャとなぞなぞ」画面
「ナージャとなぞなぞ」画面

   電通、日本ユニシス、米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディア・ラボは2010年9月24日、「空気が読めるコンピューター」の実現に向けたプロジェクトを開始した。

   人間がコミュニケーションの前提として共有している常識的な背景知識や感覚「コモンセンス」をデータベース化し、コンピューターシステムに活用することで「適切な時に適切な知識・言葉を使える、人間のように空気の読めるコンピューター」の実現を目指す。

   第1弾として、連想ゲームを通じて参加者からコモンセンスを収集する「ナージャとなぞなぞ」、ツイッターでの過去のツイートを参考にその人らしいツイートを自動生成する「Poi bot(ポイボット)」を同プロジェクトのウェブサイトにオープン。活動成果を順次公開していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中