2018年 7月 21日 (土)

「整理解雇も覚悟」 JAL管財人が方針

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2010年9月29日の定例会見の中で、募集中の希望退職が目標人数に届かない場合、強制的に社員を解雇する「整理解雇」に踏み切る可能性を明らかにした。

   管財人の瀬戸英雄・企業再生支援委員長は、

「人員的に過剰な人を抱えることはできないので、そのような状況が発生する場合には整理解雇も覚悟しなくてはならない。そうならないように、今一生懸命努力しているところ」

と述べた。JAL東京地裁に提出した更生計画案では、グループ内の社員1万6000人を削減する計画。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中