フジタ社員3人を釈放 中国、残る1人なお拘束

印刷

   中国当局に身柄を拘束されていた建設会社「フジタ」社員4人のうち、3人が2010年9月30日、釈放された。4人は軍事管理区域に入りビデオ撮影をしたとして取り調べを受けていた。仙谷由人官房長官は30日の会見で、「まだ釈放されていない1人の安全確保」や「迅速な解決」を求める方針を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中