受動喫煙で毎年6800人が死亡 厚労省推計

印刷

   受動喫煙のために肺がんや心臓疾患で死亡する人は、毎年約6800人にのぼるという推計結果を、厚労省の研究班が2010年9月28日、発表した。

   それによると、死亡者の半数以上は、職場での受動喫煙が原因とみられるという。6800人のうち、女性が約4600人と推計している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中