証拠改ざん事件、前田容疑者を起訴

印刷

   大阪地検のフロッピーディスク(FD)改ざん事件で、最高検は2010年10月11日、同地検特捜部主任検事の前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅罪で大阪地裁に起訴した。各紙によると、前田容疑者は起訴内容を認めているという。法務省は、これにあわせて同容疑者を懲戒免職とした。

   前田容疑者は、上司にあたる同部前部長・大坪弘道(57)、前副部長・佐賀元明(49)両容疑者=犯人隠避容疑で逮捕=に対して、「FDを故意に改ざんした」などと報告したと供述している模様だが、両容疑者は容疑を全面否認している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中