「成長率は下振れて推移する可能性」白川・日銀総裁が見通し

印刷

   日本銀行の白川方明総裁は2010年10月15日午前の支店長会議で、「日本経済が物価安定のもとでの持続的成長経路に復する時期は、後ずれする可能性が強まっている」との認識を示した。円高による企業マインドへの影響を背景に、「改善の動きが弱まっている。(従来の見通しに比べて)成長率は下振れて推移する可能性が高い」と景気の先行きについて警戒感を表わした。

   また、日銀は同日午後に「地域経済報告」(さくらレポート)を発表。最近の景気情勢については、全地域が基調として「緩やかに回復」または「持ち直し」と判断したものの、前回(7月)との比較で、関東甲信越、東海、中国の3地域が経済政策の効果の弱まりと海外経済の減速を主因に、「このところの回復ないし持ち直しのペースが鈍化している」と報告した。先行きの不透明感に言及する地域もみられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中