中国外務省、反日デモに「理解」 冷静な対応呼びかけも

印刷

   中国外務省の馬朝旭報道局長は2010年10月17日未明(日本時間)、10月16日に四川省成都など内陸部3都市で起こった反日デモについて、

「一部の群衆が、日本側の誤った言動に憤りを表明するのは理解できる」

と、一定の理解を示す談話を発表した。一方で、談話では、

「合法的・理性的に愛国心を表明すべき。非理性的、違法な行動には賛成しない」

と、デモ参加者に冷静な対応を求めてもいる。

   10月16日のデモでは、一部が暴徒化。成都市のイトーヨーカドーと伊勢丹は通常の営業時間を前倒して閉店していたが、10月17日にはデモは沈静化している模様だ。両店舗とも朝から営業している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中