「APEC影響を懸念して船長釈放」 仙谷官房長官が発言か

印刷

   尖閣沖の中国漁船衝突事件をめぐって、「横浜で2010年11月に開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)への影響を懸念して船長を釈放した、と仙谷由人官房長官から聞いた」ということを自民党の丸山和也氏が10月18日の参院決算委員会で明かした。

   釈放直後に仙谷氏と電話で話して、この内容を聞いたという。仙谷氏は、「APECが吹き飛んでしまう」と答え、丸山氏が中国属国化の懸念を伝えると、「属国化は今に始まったことではない」と話したという。これに対し、仙谷氏は答弁で、「健忘症にかかったか、今暴露された会話の記憶はまったくない」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中