羽田新国際線ターミナル開業 

印刷

   羽田空港の新国際線ターミナルとD滑走路の運用が2010年10月21日朝、始まった。早朝には東京モノレールと京浜急行電鉄の新駅が開業し、第1便の全日空機が香港から到着。開業セレモニーが行われ、羽田発の初便となるソウル(金浦)行きの日航機が出発した。羽田空港にチャーター便ではない定期旅客国際線の便が復活するのは、成田空港が開業した1978年以来32年ぶり。2011年2月までに、11の国・地域の17都市との間で定期便の就航が予定されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中