2020年 6月 2日 (火)

「着こなし」楽しむ「山ガール」大ブーム 新商品続々、情報サイト登場

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   登山やハイキングを楽しむ若い女性、「山ガール」が急増している。アウトドア・ファッションや登山グッズの新商品が続々登場、インターネットでは情報サイトがオープンするなど本格的なブームを迎えつつある。

   サイトは2010年10月にオープンしたばかりで、「山ガールネット」という。ファッションを中心に、登山やトレッキング、キャンプなどの情報が満載だ。なかでも高尾山や筑波山など、実際に山で出会った「山ガール」を撮ったスナップ写真が公開されていて、さまざまな「着こなし」で個性を楽しんでいる。

今年から始めたという人が9割

「山ガール」のための情報サイト、その名も「山ガールネット」
「山ガール」のための情報サイト、その名も「山ガールネット」

   アウトドア派の女性向けWEBサイトの「山ガールネット」には、1日約1000人が訪れる。スタッフによるブログや登山日記、お気に入りの写真がストックできるコミュニティーに、ツイッターも開設されている。

   人気のスナップ写真はスタッフが実際に山へ出かけて撮影し、インタビューしている。運営会社のコーヨーによると、「(登山を)今年から始めたという人が9割です」と話す。山の魅力を満喫してリフレッシュしたり、食事や会話を楽しんだりする「山ガール」のようすがうかがえる。

   「本格的な登山サイト」を目指すため、今後は登山の心得やマナー、リスクの啓蒙や、イベントや登山ツアーの企画にも力を入れていく。

   とはいえ、「山ガール」ブームのけん引役は「ファッション」。東京・神保町や原宿などにショップを構える登山・スキー用品の老舗、ICI石井スポーツによると、「山ガール」の登場でレギンスやスカート、カラフルなスパッツなどが売れ、「若い人向けの商品が豊富に出てきています」という。

   防寒性や伸縮性の高い素材を使った「山スカート」は、カラフルでスポーティーで機能的。街で着てもおかしくないようなデザインで、登山に「おしゃれ感覚」を持ち込んだ。

   レインウエアやトレッキングシューズ、アンダーウエア、帽子やポーチなどの小物類もファッション性、機能性に富んだものが売れ筋という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中