2018年 7月 22日 (日)

手塚治虫「アキバ化」計画進行 萌え作品が「コミケ」に出る

印刷

   故手塚治虫さんは日本マンガ界の漫画の巨匠であり、日本アニメ界の父として知られるが、そんな手塚さんの作品をアキバ化させる「手塚治虫アキバ化」計画なるものが進んでいるという。手塚プロダクションはこの冬の「コミックマーケット(コミケ)」に初出店する。いったい手塚作品に何が起こっているのか。

   「コミックマーケット」への出店について手塚プロダクションは、

「手塚本人は生涯現役を公言していて、ぽっと出の新人に対してさえライバル心を持つような人だった。盛大な盛り上がりを見せているコミケを知れば、本人が生きていたとすれば出店する、と言っていたのではないか」

と打ち明ける。

クリエイターが元作品から「アキバ要素を抽出」

「手塚治虫アキバ化」を説明する手塚プロ公式ホームページ。
「手塚治虫アキバ化」を説明する手塚プロ公式ホームページ。

   出店販売の核となるのが「手塚治虫アキバ化」計画。手塚プロは作品から「アキバ要素を抽出」することを目的に、「涼宮ハルヒの憂鬱」のいとうのいぢさん、「初音ミク」のKEIさん、「マクロス」の美樹本晴彦さんなど10数人のクリエイターに声を掛けた。

   クリエイターは手塚作品のキャラクターを元に「萌え」要素の強い作品を発表。2010年9月から東京アニメセンターを皮切りに公開しており、10年11月22日までは東京新宿「マルイワン」で展示していて順次全国に広げる計画だ。また、これらの作品をプリントするなどしたバックやステーショナリー、パソコン周辺グッズなども発売している。

「萌え」マンガも手塚治虫が元祖だった

   「萌え」と手塚作品は簡単には結び付かないように思える。しかし、手塚プロによれば、現在騒がれている「萌え」要素になっている漫画やアニメは手塚さんが元祖であることをファンの多くが知っているとする。

「ただ、知ってはいるのだけれども、実際に手塚作品を読んでいるかと言えば、おそらく若い人は読んではいない。それならば人気のクリエイター達にキャラクターを描いてもらうことによって、改めて手塚作品を知ってもらい、読んで頂くきっかけにしたい」

というのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中