2019年 2月 18日 (月)

フェースブックついに日本で流行? 勝間氏ら有名人にも利用広がる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   SNS(会員制交流サイト)のフェースブックが、いよいよ日本で人気爆発する――。一部メディアから、こんな声が出始めた。世界最大の会員数を誇りながら、日本では今ひとつ支持を得られていない。

   だがここにきて、そのよさが浸透しつつあるという。日本の著名人や企業が徐々に使い始めており、機能の充実ぶりや外部コンテンツとの連動しやすさに満足している様子だ。登録の際の「実名制」にアレルギーを持つ日本のユーザーが多い中、どこまで広がるだろうか。

国内の認知度はわずか14.8%

日本でも人気爆発となるのか
日本でも人気爆発となるのか
「Facebookはビジネスにどう使える?」(現代ビジネス)
「登録159万人 Facebook、日本で流行の兆し」(ITメディア)
「日本でようやく?Facebook爆発流行の兆し」(web R25)

   2010年10月、フェースブックの「特集記事」が次々にネット媒体をにぎわした。雑誌も「週刊東洋経済」が10月9日号で、5ページに渡って取り上げている。いずれも、SNSの「巨人」フェースブックが、今後日本で本格的に成長していく可能性に触れたものだ。

   世界中で5億人の会員を抱えるフェースブックも、日本では決して「勝ち組」とは言えない。SNSの国内最大手「mixi」の利用者が約2000万人なのに対して、フェースブックは非公式な数字ながらも100万人程度とされている。

   そもそも、国内での知名度は高くない。ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが10年10月28日、20~49歳の400人に実施したSNSの認知度調査の結果を発表したが、GREEが93%、mixiも88.8%だったのに対して、フェースブックは14.8%にとどまった。同じ米国から来たツイッターの78.8%にも大きく水をあけられた。

   日本での利用者獲得が思うように進まないためか、フェースブックは10年2月に東京に拠点を設置、9月からは国内で本格的な広報活動を開始している。メディアを通じて積極的にアピールして知名度アップを図り、何とか日本のユーザーに使ってもらおうとの戦略かもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中