「企業は就活生をググっている」 コンサルタント発言に賛否両論

印刷

   企業の人事担当者は、就職・転職活動中の人のツイッターなどをこっそり調べている――。あるキャリアコンサルタントが、ブログでこう指摘したところ、その見方に対し、賛否両論が出ている。

   指摘したのは、大手就職予備校の講師を務めたこともあるキャリアコンサルタントの斉藤光男さんだ。

「人事担当者に見られたら不採用も」

主張には賛否両論が
主張には賛否両論が

   斉藤さんは、自らのブログ「はてな就活><(仮)」で2010年11月14日、こう書き込んだ。

   「facebookやtwitterを使うということは、人生の可能性を広げると同時に、たいへんなリスクも負うということ」

   例えば、顔出しした女子学生が込み入った恋愛のつぶやきをしていたり、実名を出して「第一志望はこの業界です」と公言する人がいたり…。こんなケースを最近、ツイッター上で見かけるという。これらが企業の人事担当者に見られたら、不採用にされる場合もあるというのだ。

   アメリカでは、求人サイトが08年に行った調査によると、企業の人事担当者の22%がSNSを使って就職希望者の情報を集め、うち34%は希望者のネット上の書き込みが原因で不採用にしていた。斉藤さんはこのことを紹介したうえで、「意識の高い(あるいは執念深い)人事は、最終面接までにグーグル先生に志望者の名前を入れて検索してます」と指摘。ブログにTOEICのスコアを詐称して内定を得たと書き込んで炎上した国立大学生のことや匿名ブログでもアカウント名などで検索できることなどを挙げて、こう警告している。

   「『インターネットへの書き込みは、もう一つのエントリーシート』 そう意識して使わなければならない時代になりました」

   斉藤さんのブログは、ネット上で注目を集め、ツイッターでは、「長年書いたブログやツイッターを読めば、一瞬の面接より人柄がわかりそう」「身バレ警戒しないでWebサービス使う学生の気がしれない」などと反響が出ている。ブログには、はてなブックマークが100以上付いており、斉藤さんもツイッター上で、半日で閲覧が8000PVもあったことを明かしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中