2018年 7月 19日 (木)

バイドゥ会長、グーグルの中国撤退に言及

印刷

   中国のインターネット検索大手、バイドゥのロビン・リー会長兼CEO(最高経営責任者)は米国時間2010年11月15日、米サンフランシスコで開かれた「ウェブ2.0サミット」に登場し、バイドゥに関するエピソードを披露した。

   中国のネット人口はおよそ4億2000万人に上り、ほぼ全利用者がバイドゥのサービスを利用している、とリー会長が発言したことを米ニューヨークタイムズ紙(電子版)が伝えている。

   リー会長はまた、米グーグルが中国当局と検閲をめぐって衝突し事実上中国での検索サービスから撤退したことについて、「中国は大変難しい市場。今も成長を続けており、毎日変化している。常に市場のそばにいないと、変化についていくのは困難だ」と述べた。グーグルに中国のネット市場への理解が不足していた、ということを指摘したものと見られる。リー会長自身、米国から帰国して中国でバイドゥを立ち上げた際に、当局からの検閲に悩まされたことにも触れた。

   この日リー会長は、グーグルのエリック・シュミットCEOが同じ場所でスピーチした後に登壇したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中