2019年 11月 20日 (水)

ペットボトル入りボージョレが大人気  仏生産者団体は「イメージ低下」懸念

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

2011年から「ボージョレ産ワイン」名乗れなくなる?

   ガラス瓶に負けないという、高品質ペットボトルを売りにする商品も出てきた。酒造メーカーのメルシャンは、09年から3層構造になった高品質ペットボトル「MLP(マルチ・レイヤー・ペット)」を採用したワインを輸入。酸素バリア性やUVカット性に優れたペットボトルで、ガラス瓶と同程度の品質安定性を誇るという。

   同社が輸入する「アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー2010 ペットボトル」は実勢価格が1580円程度。他のガラス瓶入りのものより20~30%安くなっている。同社の2010年ペットボトル入りボージョレ・ヌーボーの輸入数量は09年より35%増しだという。

   大人気のペットボトル入りボージョレだが、2011年から流通できなくなる可能性も出てきている。仏民間生産者団体・ボージョレワイン委員会が18日に都内で開いた会見で、「ボージョレ産ワイン」を名乗るのにガラス瓶詰めであることを条件とする法案を作ろうとしていると明かした。ペットボトルだと、イメージや品質維持に問題があるのだという。11年6月に仏政府系機関に申請し、受理される見通しだとしている。フランス食品振興会日本事務所の担当者は、

「ボージョレ・ヌーボーはその年初めて飲まれるボージョレ産ワインで、お披露目的な意味もあります。生産者の方々は、そうした重要なボージョレ・ヌーボーがペットボトルで飲まれることで、他のボージョレ産ワインにも『安い』というようなイメージが波及するのを懸念しているようです。法令が定められれば、ペットボトル入りはボージョレ・ヌーボーではなく、ただのペットボトル入りワインとなってしまいます」

と話している。

   J-CASTニュース編集部も都内スーパーで980円のペットボトル入りボージョレ・ヌーボーを入手。ペットボトルなので手に取ると表面がボコッと凹むが、フルーティーで濃厚な味わいだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中