北朝鮮が韓国の島砲撃 韓国軍兵士に死者も

印刷

   2010年11月23日、朝鮮半島西沖の南北境界線付近にある韓国領、ヨンピョン島の陸上に砲弾が着弾した。北朝鮮が同島周辺へ数十発以上発射したとみられ、韓国軍兵士1人の死亡を当局が確認した。聯合ニュースなどによると、韓国側も応戦したが23日17時現在は小康状態の模様だ。死者1人のほか、けが人も出ているという。韓国軍は周辺で演習を実施しており、今回の砲撃との関連を指摘する声もある。北朝鮮が韓国陸上へ攻撃するのは極めて異例。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中