2020年 8月 13日 (木)

女子中高生の流行語、女子大生も理解不能 「あげぽよ」「アラシック」「やびゃあ」って?

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   「あげぽよ」って何を意味するの?―――「女子中高生ケータイ流行語大賞」候補20の言葉が発表されているが、言葉の意味がわからない、と女子大生も頭を抱えている。これを主催する会社によれば「はやり言葉なので来年には消えるものが多い」というが、なぜ女子中高生はこんな言葉を使い流行させたのだろうか。

   流行語大賞の候補に挙がっているのは「あげぽよ」「アラシック」「ちゃいちゃい」「うけぴー」「うぇーい」「わや」「もふもふ」「やっふぃ」「もいきー」「ちゃんねー」「ポイポイポイポポイポイポピー」「やびゃあ」など20の言葉。

病気になってしまうほど「嵐」が好き

   モバイルコンテンツ運営業のピーネストが「女子中高生ケータイ流行語大賞」を開催するのは去年に続き2回目。候補となった20の言葉は10年11月上旬に同社の携帯ホームページ無料作成サイト「@peps!」「Chip!!」へアクセスしている女子中高生会員500人の投票で選出。11月中旬から1500人の女子中学生会員にどの言葉が一番流行したか投票が行われていて、10年12月2日に大賞が発表になる。

   それぞれの言葉の意味や出所だが、「あげぽよ」は

「テンションアゲアゲな状態を意味するギャル語。『ぽよ』は、なんとなくかわいいので語尾に付けるが特に意味はない。他にも『さげぽよ』『ひまぽよ』など存在する」

   「ちゃいちゃい」は

「eggモデルの『ねもやよ』がブログの締めくくりに使用しており、『ばいばい』『またね』を意味すると思われる」

   「アラシック」は

「アイドルグループ『嵐』のファンを指す。病気になってしまうほど、嵐が好きという意味。 嵐の6作目のアルバム名でもある」

   「やびゃあ」は、

「『やばい』が変化した言葉で意味は同じ。芸人のトータルテンボス、藤田憲右やアイドルグループAKB48の渡辺麻友もブログなどで頻繁に使用。ヲタ(オタク)語とも言われているが、東海地方の方言でもある」

   「ポイポイポイポポイポイポピー」は、

「(テレビ番組)『とんねるずのみなさんのおかげでした』内の『安すぎて伝わらない素人芸選手権』で優勝した素人女性宴会芸集団『あやまんJAPAN』が『LOVE&JOY』という曲に乗せハレンチに歌い踊る中で使用される掛け声」

などである。(言葉の解説はピーネスト プランニング事業部の担当者が作成)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中