2020年 10月 30日 (金)

片山総務相の再婚相手は元部下 電話直撃に「そっとしておいて」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   片山善博総務相(59)がいつの間にか再婚していた。お相手は片山氏が知事を務めていた鳥取県の「課長級の女性」だ。元部下ということになる。片山氏はがんの妻を長年にわたり看病・介護し、死別するなど愛妻家だったことで有名だ。お相手女性は誰なのか、と地元でもうわさになっている。うわさをたぐるとお相手本人が見つかり、電話で直撃取材した。

   「つい最近、入籍した」。片山氏は2010年12月3日、閣議後の記者会見で記者からの質問にこう答えた。3日付の毎日新聞朝刊が「鳥取県の課長級の職員の女性と再婚していた」と短く報じていた。

「プライベートなことなので」と詳しい説明なし

再婚した片山総務相は、地域活性化担当大臣でもある
再婚した片山総務相は、地域活性化担当大臣でもある

   会見に出た関係者によると、片山氏は再婚報道の内容を認めた上で「プライベートなことなので」と多くを語らなかった。ただ、入籍手続きに関係した質問に対し、住民票を鳥取からすでに東京に移していることを明らかにした。

   片山氏は、10年9月の内閣改造で入閣した。旧自治省出身で1999年から2007年まで2期鳥取県知事を務めた。自身は岡山出身だが、旧自治省時代に鳥取県へ何度か「出向」しておりゆかりがあった。

   片山氏は09年7月に前妻を悪性リンパ腫で失った。病気が判明して以来10年にわたり闘病生活に寄り添っていた。前妻は岡山の高校時代の同級生だった。亡くなる直前の4か月は、6人の子どもと分担しながら介護に力を注いだ。

   片山氏は07年の知事退任後、慶応大の教授に就任した。週に3日程度は東京へ行き鳥取と往復する生活が続いていた。朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)のコメンテーターも務めた。

   「片山さんに会ったらコンチクショーって言ってやるよ」。10年12月3日の朝ズバで、司会のみのもんたさんは、片山氏再婚の新聞報道を紹介する際、笑顔でこう冷やかした。片山氏は、妻の介護のイメージのほか、総務相就任時には東京の家賃約10万円のアパートに息子と同居(ホテル暮らしと併用)するなど実直なイメージが強かったからか、「意外とやるね」といった風情の扱いだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中