猪瀬副知事「ネトウヨは夕張で雪かきしろ」 漫画規制の取材申し込みに条件

印刷

   「ネトウヨは財政破綻した夕張を助けに行け。雪かきして来い」。東京都の猪瀬直樹副知事(64)が、ツイッターでこんな過激なつぶやきをして波紋が広がっている。性行為表現がある漫画・アニメの18歳未満への販売規制を批判的に取り上げているジャーナリストらを指しているらしいが、どんな意味なのか。

   つぶやきのきっかけは、反対の声も相次いでいる都青少年健全育成条例の改正案について、猪瀬副知事が弁明したことかららしい。

副知事のデマゴーグ発言がきっかけ

波紋を呼んだつぶやき
波紋を呼んだつぶやき

   猪瀬副知事は改正案について、ツイッターで2010年12月5日、「表現規制ではない。デマゴーグに踊らせられているだけ」だと主張した。ツイッターのまとめサイト「Togetter」によると、これに対し、「マンガ論争勃発」の本を書いているジャーナリストの昼間たかしさんが、「ならば、その旨を取材させて下さい」と反応したところ、副知事は夕張で雪かきすることを条件にインタビューを受けてもいいと答えたというのだ。

   ネトウヨと指摘されたことについて、昼間さんは「対局の極左」だと反論。そして、デマゴーグであることは否定し、「この問題の本質は、様々な意見を通して表現する者の中で覚悟がある者とないものの違いが見えてくることにある。ゆえに、今年の総括として猪瀬さんの発言は聞きたい」と迫った。夕張については、映画祭の取材らしく、毎年行っていると付け加えている。

   とはいえ、副知事も譲らず、「条件は出した。夕張で雪かきだ」と強調した。都庁職員時代に夕張市応援に派遣された男性(29)が、11年4月の同市長選に出馬表明したことから、その手伝いに行ってほしいとも述べた。

   昼間さんは結局、この条件を飲んで雪かきに行くことを了承した。

   都では、財政再建団体の同市を支援するため、派遣の職員らがボランティアとともに観光施設などで雪かきをしており、副知事も09年1月24日に現地でその初体験をしている。昼間さんは、勝手に雪かきしても迷惑をかける可能性があるとして、これに同行したいとツイッター上で申し出た。

   副知事は、なぜインタビューを受けるのに、雪かきを条件にしたのだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中