2018年 7月 19日 (木)

ツイッター「利用したくない」 大学生の6割が回答

印刷

   大学生の約6割はツイッターを今後「利用したくない」と答えた、と社団法人「東京広告協会」が2010年12月6日、首都圏の大学生816人に行った「SNSに関する意識調査」の結果を明らかにした。

   それによると、ツイッターに「登録していない」が64.3%、「登録しているが全く利用していない」が12.3%で、「利用している(閲覧のみも含む)」は23.4%に留まった。

   利用しない理由については、「興味がない/なくても困らないから」「常に更新しないといけない感じがする/面倒くさいから」が上位を占めている。

   実際の調査は、首都圏の大学でマーケティングを学んでいる大学生による「大学生意識調査プロジェクト(FUTURE2010)」が行った。調査期間は、7月13~26日。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中